イクオスとミノキシジルの効果を比較!副作用無く髪が生えるのは?

育毛剤や発毛剤の購入を考えている方であれば「イクオス」と「ミノキシジル」というワードは嫌でも見かけるのではないでしょうか?分類としてはイクオスは医薬部外品の育毛剤、ミノキシジルは医薬品の発毛剤と明確に分かれているこの2つですが、実際のところ効果にはどれくらいの違いがあるのでしょうか?継続するためには副作用などのリスクを理解しておくことも重要になりますが、薄毛改善のために使用するならばイクオスとミノキシジルどちらを使うべきなのか調べてみました!

 

 

このページの目次
1.イクオスとミノキシジルの効果比較
イクオスの発毛と抜け毛防止効果
ミノキシジルの発毛促進効果
イクオスとミノキシジルで効果が高いのは?

 

2.イクオスとミノキシジルの副作用比較
イクオスの副作用
ミノキシジルの副作用

 

3.イクオスとミノキシジルの購入法について
4.まとめ:イクオスとミノキシジル使うべきはこれ!

 

 

イクオスとミノキシジルの効果比較

育毛剤のイクオスと発毛剤のミノキシジルの効果についてそれぞれ解説し、その上で比較していき、それぞれの発毛促進効果と抜け毛予防効果に関わる成分についても解説していきます。どちらのほうが育毛・発毛効果は高いのでしょうか?

 

イクオスの発毛と抜け毛防止効果

イクオスには主に発毛促進作用と抜け毛防止作用が期待できます。

 

イクオスには頭皮・育毛ケア成分が全部で61種類入っているのですが、その中でも注目してほしいのが「Algas-2」と「オウゴンエキス」や「クワエキス」です。

 

イクオスに含まれるAlgas-2とは?
Algas-2は海藻エキスのM-034とペルベチアカナリクタエキスを配合することでイクオスが独自に開発した成分であるため、日本のどこを探してもイクオスにしか入っていない独自成分です。

 

M-034については聞いたことがある方もいるでしょう。有名育毛剤のブブカゼロやチャップアップ、さらにはプランテルなどに配合されている育毛主成分です。

 

そこに強い生命力を持つと言われているペルベチアカナリクタエキスを組み合わせて作られました。

 


期待できる効果としては血管の拡張作用、さらに髪の成長因子増加作用および保湿作用があります。

 

血管が拡張されることで栄養が髪の毛に送られやすくなり、髪の毛の成長が促進されやすくなります。それに加えて成長因子増加作用があることで、産毛にしか成長しなくなった髪の毛を太く長く成長させると言われています。

 

保湿作用が加わることで、頭皮の環境改善も期待できるのです。

 


Algas-2単体で複数の効果が期待できるため、M-034を単独で配合しているブブカゼロやチャップアップ、さらにはプランテルなどなどよりもイクオスは高い育毛効果が期待できる、ということなのです。

 

 

オウゴンエキスとクワエキスについて

イクオスに含まれるオウゴンエキスは、育毛効果としては男性型脱毛症の主原因である5αリダクターゼの阻害作用があります。

 

男性の抜け毛の原因ナンバーワンと言われているAGAはこの5αリダクターゼの働きによって引き起こされますが、オウゴンエキスによる阻害効果により男性の薄毛に対処できる成分として注目を集めているのです。

 

他にも消炎や保湿、抗アレルギー、抗酸化などの作用も期待できます。

 

クワエキスの効果
クワエキスには肌荒れを防ぎ保湿する効果であるとか美白効果が期待できることで知られています。

 

これがイクオスに配合されることにより、頭皮環境を改善する作用が期待できるため、髪の毛の育ちやすい環境を整えることができます。

 

 

イクオスサプリEXとイクオスの併用が効果的
イクオスは育毛剤のみではなく、育毛サプリのイクオスサプリEXという商品も出ています。

 

育毛サプリでは定番のノコギリヤシやミレットエキスなどを始めとする46種類もの成分を配合しており、こちらにも充分育毛効果が期待できます。

 


このイクオスサプリEXに含まれるノコギリヤシとミレットエキスにも5αリダクターゼの阻害作用があるとされ、身体の外側からケアをしていく育毛剤とは対照的に飲むことで体の内部から育毛効果を与えようとするのがイクオスサプリEXの狙いです。

 

ですので、育毛剤のイクオスと育毛サプリのイクオスサプリEXを併用することで相乗効果が期待できます。

 


>>髪の成長から抜け毛防止まで!イクオス公式はこちら

 

 

ミノキシジルの発毛促進効果

ミノキシジルは髪の毛が生えるという発毛効果が医学的に認められている数少ない発毛成分です。ここからはミノキシジルの効果と医薬品としての概要についてお伝えします。

 

 

ミノキシジルの発毛効果とは?
ミノキシジルが持っている発毛効果は、血管の拡張です。血管を拡張することで毛母細胞に血液を大量に送れるようにし、太くて長い髪の毛が生えてくるようにするわけです。

 

その他にも発毛を促す成長因子のシグナルを増やす力だったり、髪の毛の成長を司る毛母細胞の死滅を抑制する効果もあります。

 


大正製薬のデータによると、ミノキシジルを使用するとおよそ3ヶ月ほどで6割近くの人に薄毛の改善効果が見られると言われており、6ヶ月以上の使用では9割以上の人間に改善効果が見られるとされています。

 

 

ミノキシジルの種類
ミノキシジルには塗り薬(外用薬)と飲み薬(経口薬)があります。

 

そもそもミノキシジルは血圧降下剤、いわゆる血圧の薬として開発され使われていました要は医薬成分であり、イクオスのような育毛剤とは違う「医薬品」として分類されています。

 


ちなみに日本で一般的に購入できるミノキシジルを使用した医薬品は塗り薬のみです。

 

経口薬タイプのミノキシジルを手に入れるためには、個人輸入を利用するか発毛クリニック(AGAクリニック)を利用しなければなりません。

 

>>イクオスはネットで楽に買える!公式サイトはこちら

 

 

イクオス(IQOS)とミノキシジルで効果が高いのは?

単純に髪の毛が生える、ということを考えるとミノキシジルのほうが発毛を促す効果は高いと考えられます。医薬成分でもあり発毛させる、という力が強いのです。

 

一方でイクオスは育毛という名の通り髪の毛を育てて抜けにくくする、という能力に長けています。

 

全部で61種類もの育毛成分などを含んでおり、ミノキシジルのように血行促進作用だけに特化しているわけではありません。

 


例えば頭皮環境を改善して、髪の毛の成長を阻害するような要因を排除じてくれたり、抜け毛を防ぐような役立ってくれるわけです。

 

ですので育毛効果の総合力については入手もしやすく対応力の高いイクオスのほうが優秀であると言えます。

 

>>育毛目的ならイクオス!お得に買える公式サイトはこちら

 

 

イクオスとミノキシジルの副作用比較

育毛剤・発毛剤は継続的に利用していくものなので前もって副作用の情報は把握しておかなければなりません。髪の毛が生えたとしても、重篤な副作用に悩まされては本末転倒ですからね。ここからはイクオスとミノキシジルの安全性に迫ります。

 

イクオスの副作用

 

育毛剤イクオスの副作用
イクオスの安全性は極めて高く、副作用が発生する可能性は低いと考えられています。

 

ではなぜイクオスは副作用が発生しにくいのか、その理由に迫ります。

 

・イクオスは天然成分を中心に作られている

 

イクオスには61種類もの様々な成分が配合されていますが、そのほとんどが天然成分であり身体に大きな負担をかけるようなものは含まれていません。

 

添加物などが配合されているとアレルギーが発生する可能性もありますが、イクオスに関しては無添加製法で作られておりシリコンも利用されていないのです。

 


※香料、石油系界面活性剤、鉱物油、タール系色素、パラベン、紫外線吸収剤、合成ポリマー、酸化防止剤、ラノリンなどもイクオスには含まれていません。

 

 

・イクオスの過剰使用はNG!

 

イクオスは副作用の危険性がほとんどない育毛剤ではありますが、「絶対に副作用が発生しない」とまでは言い切れません。

 

例えば過剰に頭皮につけたりすれば、さすがに皮膚が負担を感じてしまうかもしれません。

 

頭皮に傷があった場合にはしみたりするようなこともあるでしょう。

 


一方でイクオスは安全性が高い育毛剤であることは間違いないので、用法・容量さえ守れば副作用なく安心して長期間利用し続けられるわけです。

 

イクオスに限らず育毛剤は利用してすぐに髪の毛が生えるわけではありません。髪の毛の生えるサイクルに合わせておよそ3ヶ月以上は継続する必要があるので、安全性は極めて重要です。

 

>>安全に続けて効果も得られるイクオスの公式サイトはこちら

 

 

イクオスサプリEXの副作用
イクオスサプリEXはあくまでサプリメントという枠組みの栄養補助食品であり医薬品とは違うので大きなリスクは存在しませんが、イクオスサプリEXに含まれるノコギリヤシや亜鉛については上限摂取量が決まっているので、超えてしまえば副作用が発生する可能性もあります。

 

とはいえイクオスサプリEXではノコギリヤシも亜鉛も計算して配合されているので毎日メーカーの定めた一日3粒という摂取量を守れば健康被害が発生するリスクは限りなく低いのです。

 


注意してほしいのが他のサプリメントとの併用です。

 

すでにノコギリヤシのサプリメントを飲んでいたり、亜鉛のサプリメントを飲んでいたりすると、結果として過剰摂取になってしまう可能性もあります。

 

なのでイクオスサプリEXを利用するのであれば、なるべく他のサプリメントと併用しないことをおすすめします。

 

>>正しい使い方で副作用なし!イクオス公式はこちら

 

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは医薬品なので副作用の報告は多数あるのが現実です。もともとは血圧降下剤として作られており、その副作用の一つとして体毛が濃くなる副作用が発見されました。

 

副作用の発毛に注目して発毛剤として転用されたということから考えても、ミノキシジルには一定の危険性がある、ということを理解できるのではありませんか?

 

では実際にミノキシジルにはどのような副作用があるのか、外用タイプのミノキシジルの副作用と内服タイプのミノキシジルの副作用に分けてお伝えします。

 

外用タイプのミノキシジルの副作用
・頭皮の赤み
・頭皮のかぶれ

 

などが代表的な副作用です。副作用発生確率は10%弱程度と言われており、かなり多くの方に現れていることが分かります。

 


また濃度が高くなるごとに副作用の発生率が高くなることも分かっています。

 

国内ではミノキシジル濃度が5%の発毛剤が出回っていますが、海外では10%や15%のものもあり個人輸入などで手に入れて副作用が発生してしまう事例もあとをたちません。

 

日本で個人で購入できる数少ない発毛剤、「リアップX5」と「リアップ5」ではおよそ9%近くの確率で塗った患部にかゆみが赤みが発生した報告もあります。

 

外用タイプのミノキシジルは頭皮に大きな負担を与える可能性があるので注意しましょう。

 

>>リアップのような副作用はなし!イクオス公式サイトはこちら

 

 

内服タイプのミノキシジルの副作用
内服タイプのミノキシジル(ミノキシジルタブレット)には様々な副作用が報告されています。

 


ミノキシジルタブレットを飲むと医薬品と同じように全身の血管が拡張されます。血管が拡張されることで頭痛や目眩が発生したり、頭髪だけではなく全身の体毛が濃くなったり、という現象が現れるかもしれません。
外用タイプよりも副作用の度合いは大きく、影響を与えるのは頭皮だけではなく「全身」ということは覚えておくべきでしょう。

 

血圧の下がる作用もあるため、他の医薬品との飲みあわせ、という部分も考えなければならないのです。
特に心臓の弱い方の場合は心臓に負担がかかる可能性もあるので利用には細心の注意が必要です。

 

>>天然成分で頭皮にも優しいイクオス公式サイトはこちら

 

 

イクオスとミノキシジルの購入法について

 

ミノキシジルの購入法
外用薬タイプのミノキシジルは、リアップシリーズ、メディカルミノキ5、リグロEX5などの国内販売のものであればおよそ7,600円〜7,800円程でドラッグストアでも購入可能です。

 


しかし第1類医薬品なので、薬剤師がいなければ購入できません。ドラッグストアの全営業時間帯に薬剤師がいるわけではないので、空振りに終わってしまうこともあるでしょう。

 


そして内服薬タイプのミノキシジルは日本での一般販売が認められていないため、海外から個人輸入をしている通販サイトから購入をするかAGAクリニックで診断を受けて処方してもらう他ありません。

 

AGAクリニックからの処方の場合は、様々な診断の元処方してもらえるのでリスクを抑える事ができますが、個人輸入サイトからミノキシジルを購入した場合は服用量などもわからないまま飲み進めていく事になる上に、品質の問題もあるため副作用のリスクが非常に高まります。

 

利用までのハードルが高いのがミノキシジルなのです。

 

 

イクオスの購入法
一方のイクオスについては、通販サイトで簡単に購入可能です。

 

Amazonや楽天などの通販サイトでも販売されていますがイクオスを最もお得に買えるのは公式サイトです。

 

公式サイトであれば定期コースを選択することでイクオスとイクオスサプリEXあわせて毎月6,980円で購入することが可能なので、ミノキシジルの外用薬や内服薬よりも比較的安価に購入できます。

 


もちろん公式サイトなので類似品や不良品が送られてくるようなトラブルもありません。品質を保証するためにもイクオスは45日間の返金保証もあるので、イクオスを購入する場合は公式サイトから購入しましょう!

 

>>イクオスは公式が一番お得!購入はこちらから

 

 

まとめ:イクオスとミノキシジル使うべきはこれ!

ここまでイクオスとミノキシジルの違いについて説明してきましたが、薄毛が進行しツルツル一歩手前の方まで行ってしまっている方ミノキシジル、今まで育毛剤や発毛剤を使った経験がなかったり、他の育毛剤では効果が無かったという人であればイクオスと言ったように、この2つは自分の薄毛の状況に合わせた使い分けをおすすめします。

 


発毛させる、というパワーに関してはさすがに医薬品であるミノキシジルにイクオスはかないません。よってすでに禿げ上がっているような方については、ミノキシジルの利用しても良いでしょう。

 


一方で安全性を重視したい方、これから育毛対策・発毛対策をしっかりと行っていきたい方にはイクオスが適しています。

 

イクオスは発毛の効果に加え、抜け毛の原因に根本からアプローチしたり頭皮環境を整えるなど、総合的な作用から髪の毛が生えやすい土台作りをしてくれる育毛剤です。

 

他の育毛剤と比較してもスペックや人気が高く、それでいて値段も安いのでコスパ的にも問題ありません。

 

まずは医薬品の力で強引に変えるのではなく、イクオスを使って育毛を進めてみてください!